F-471シリーズ

F-471-SH クロ、アカ

大容量で軽量なナナメ掛け♪

縫製後に「洗い加工」がされているので、ご自宅での洗濯もOK!

※洗濯機を使われる場合は洗濯ネットに入れて「手洗いモード」でお願いいたします。(中性洗剤をお使いください)

収納力もバツグン♪日傘やペットボトル!しっかり入りますよ~💛

幅広のショルダーヒモなので、肩の負担が少ないのも魅力的です。

 

↓肩掛け派の型はこちら

F-471-M アカ

 

直営店アルファワンでご覧いただけます。

 

☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆

 

黄金の菓子でございます・・・

ふふ、お主も悪よのぉ・・

いえいえ、お代官様ほどでは・・・

 

子供の頃・・時代劇でよく見たシーン・・・・

学校でもよく冗談で使ったフレーズです。

 

「黄金の菓子って食べたことありますか? ビデオで観たんですけど・・」

・・と、若い子に尋ねられ、何それ?と、話を聞いてみると、ビデオのタイトルは「必殺仕事人」だった。(^^;(藤田まことさんが中村主水)

それは小判(お金)を「お菓子」と偽って渡していたワイロの事。本当の菓子の下に敷き詰められているんだよ!・・・と説明しながら、そこに居た昭和組(同世代)は盛り上がる♪ 大江戸捜査網や遠山の金さん、桃太郎侍など、決め台詞がスラスラ言えちゃうほど、よく観てましたから。(^。^)(懐かしい~!)

【ひと~つ人世の生き血をすすり、ふた~つ不埒な悪行三昧!みっつ醜い浮世の鬼を退治てくれよう、桃太郎~】

【生きて屍、拾うもの無し!】

【この紋所が目にはいらねぇかい!】(すきま風・・・歌えます!)

肝心な事はすぐ忘れるのに、これは皆(昭和組)覚えてるんですよね~

 

↑こういう番頭さんが居ましたね~(^^;(いかにも悪者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 + 15 =